花粉症、簡単手作りマスクでも予防効果あり!

花粉症が辛い人にはいや~な季節ですね。

といっても、現在では春だけではなくってスギ花粉・ヒノキ花粉・ブタクサ花粉などで一年中、花粉症に苦しんでいる人もいらっしゃるようです。

この花粉症。

第一予防の手立てとして誰もが思うのは、やはりマスクでしょう。

でも、ご存知の通り、今は使い捨てマスクがどこを探しても見つかりません。

こんなことが起きるなんて・・新型コロナの影響はどこまで広がる!?

こうなったら手作りマスクに頼るしかない! でも、材料がこれまた探してもほとんど見当たりません。

手作りマスクはミシンや糸やハリなど、苦手って思う方も簡単に作れるのが魅力です。

材料は、代わりになるものを使えばOK!

必要な材料は布(ダブルガーゼおすすめ)・ゴム・糸のみです。(道具としてハサミと、あればノーズワイヤー)

手縫いでもOKですし、ミシンで縫えば時間短縮。

さらに、型紙・作り方はあふれんばかりにインターネット上をにぎわしています。

型紙もダウンロードできれば、あとは型どおりに切って縫うだけ。

あっという間に出来上がります。簡単手作りマスク

 

この材料の中で、なかなか手に入りづらくなっているものに布・ゴム・ノーズワイヤーがあります。・・っていうか、ほとんど! 全部・・じゃん!!

マスクにするためには、つけ心地・作りやすさなどからガーゼがおススメです。が、無いですね。(もちろんガーゼでなくても大丈夫です。ただ、あまり厚くなく粗い目でない生地が良いと思います。)

ガーゼハンカチを使うこともできますし、ウォーキング時の汗拭き用にガーゼ仕立てのものもありますので、マスク作りには適しています。

手芸品店やドラッグストアでは、もう見かけることはあまりありませんので。

でも、思いもがけないところで売っていたりします。わたしは文房具屋さんで、つい先ほど購入したばかりです。

ガーゼハンカチでしたら約32cm×約32cmのサイズで大人の立体型マスク1枚が作れます。あまり切れ端も出ず、いいかんじ。。(表・裏とれます)

 

ゴム(マスクゴム)

ゴムは耳にかけるもの。伸縮性があっても硬かったり、細すぎたりすると耳が痛くなりますので代用のゴムを購入する時は注意が必要です。

マスクゴム自体は、もうほとんど売っていません。

ただ、Tシャツゴムが耳にも痛くなくおススメです。(Tシャツゴムは、もう着なくなったTシャツを横方向に、脇から脇に向かって約1cm~1.5cmの幅で切ります。切ったものの両端を持ってビヨ~ンビヨ~ンって2~3回引っ張るとゴム代わりとして使えます。切りっぱなしでいいです。)

ノーズワイヤー

ノーズワイヤーは無くてもいいかもしれませんが、顔とマスクの隙間を少しでも減らす意味ではあった方が良いです。(花粉やウィルスはその隙間からも入ってくるといいます)

でも、これもほとんど購入はムリです。

使い捨てマスクを使用後、ノーズワイヤーだけ取り出しておきます。洗って、消毒すれば再利用可能です。買うことはありません。

 

手作りマスク、予防効果としてはどうなのでしょうか? 気になりますよね。

 

そもそもマスクに期待できることとは?

マスクのメリットは、花粉やウィルスなどの侵入防止と思われるかもしれませんが、どんなマスクでもそれに全て対応しているわけではありません。

使い捨てマスクのパッケージには花粉除去とかウィルス○○%カットとかPM2.5に対応とかいろいろですね。

今、よく耳にするのはサージカルマスクです。それでも、万全という訳ではありません。

 

マスクは、もちろん装着しても人は呼吸ができます。呼吸ができるということは空気が通過するということです。

ウィルスもマスクの網目を通過できてしまうのです。その、網目の大きさによって使い捨てマスクの予防効果が違ってきます。

ですから、マスクはウィルス感染予防にはあまり期待できないとメディアなどではよく言われるのです。(ウィルスはとても小さいからです。)

ただ、感染者がマスクをする意味はあります。

 

そして、マスクの効果には、もう一つあります。それは「口元の加湿」です。

ウィルスは湿度が高いと生存期間が短くなるので、感染リスクが少しでも減ることが期待できるのです。

 

また、花粉についてはその大きさがウィルスとは全然ちがいます。簡単手作りマスクでも予防効果が期待できます。

 

ウィルスなどと花粉の大きさの違い

インフルエンザウィルスやコロナウイルスの大きさは0.1㎛(マイクロメートル)だそうです。

うぅ~ん、ピン!とこないですね。

0.1㎛は0.0000001mです。とにかく小さい・・としか。

他と比べてみます。

スギ花粉:20㎛~40㎛(0.00002m~0.00004m)

黄砂:4㎛(0.000004m)

PM2.5:2.5㎛(0.0000025m)以下

やっぱりピン!とこないですね。

でも、よくよく比べてみますと、確かにウィルスはかなり小さいです。

そして花粉はかなり大きいです。

 

これが、ウィルスをマスクで防ぐのは難しいと言われる理由です。

ウィルスはマスクを通過してしまうのです。

ただ、くしゃみや咳は水分を含んでいる分、少し大きくなりマスクの目に引っ掛かりやすくなります。

ですから、症状のない人がマスクをするより感染している人がマスクを装着し、周囲の人に感染させないようにするのがマスク本来の役割です。

(※花粉は大きいのでマスクをすることは、かなり予防効果があります。隙間のないように装着することが大切です。)

 

簡単手作りマスク、作成時のポイント

花粉症対策で簡単手作りマスクを。。

花粉の大きさはウィルスなどの病原体よりかなり大きいので、ガーゼ(ダブルガーゼがおすすめ)などで作った手作りマスクでも効果的。

作り方などは、動画などで知ることが出来ますし、型紙もダウンロードなどで手に入れることが出来ますよ。

 

 

作り方は本当に簡単。

デザインもプリーツタイプ・立体型・平タイプ。いろいろです。

✅ガーゼや綿は洗濯などすると縮みやすい性質があります。最初に水通ししてからお使いください。※水通し・・30分~1時間位、たらいなどに水をはって、その中に浸しておきます。軽く絞り陽をあてないで干します。乾ききる前にアイロンをかけ ”しわ” を伸ばします。

アイロンは縦・横とかけます。生地を斜め方向に引っ張ってアイロンをかけないようにしてくださいね。生地がゆがんでしまいます。

✅ダブルガーゼでも薄い感じがしたら、もう1枚薄めのガーゼを重ねると良いです。

✅顔とマスクの隙間を考えますと、ノーズワイヤーはあった方が良いです。

✅プリーツタイプで作られる方はプリーツの向きを下向きにしましょう。上向きだとその折り目の所に花粉やほこりがたまってしまいます。

✅素材は作りやすく肌触りもいいダブルガーゼがおススメです。タオル地など厚い生地ですと型紙通りに作っても、小さくなってしまう場合があります。(特に横幅が小さくなりやすいです。ゴムを通すところを折り曲げる時に厚みがあって折り曲げすぎてしまうからです。)

綿やリネンもよさそうです。

✅生地を裁断する時は、布目に沿って裁断しましょう。

✅型紙には、ほとんど1cmの縫い代がついています(確認してみてくださいね)

縫う時は布の端からほぼ1cm中を目安に縫えば大丈夫です(目分量でも問題なくマスクが出来上がります)。

✅まち針で、止めておくと生地がずれずにうまく縫えます。(時々、まち針なしで縫っている動画も見かけます。慣れている人は大丈夫かもしれません。)

まち針は角と中心、そしてその間と止めていきます。カーブのところは伸びやすいので布を引っ張らないようにすることもポイントです。

 

ノーズワイヤについてですが、ノーズワイヤーは立体型マスクには付けづらいと思います。立体型マスクは鼻の所が山形になっていますのでノーズワイヤーの形が沿わないからです。入れられたとしても、マスクの形がちょっと崩れてしまうかもしれません。

その上、マスクの素材が柔らかくて薄いガーゼの場合にノーズワイヤーが外に出てきてしまう場合があります。

プリーツタイプのマスクは、上辺がまっすぐなのでノーズワイヤーも扱いやすいと思います。

参考までにと思い、記しました。

 

これでステキな手作りマスクが出来上がります(^^♪

参考にされてください。

PS:ガーゼマスクは生地も柔らかいので、お洗濯は手洗いがおススメです。

洗濯機の水流で洗うより、軽く押し洗い程度が良いと思います。

せっかく作った手作りマスク、大事にしたいですものね!

 

 

 

まとめ

手作りマスクは簡単に作ることができます。難しいのはイヤですよね。

文字にしてみたら、面倒っぽいのですがそんなことはありません。安心してください。

マスク作りもなんだか楽しくなってきて、この生地もかわいい。あっちの生地もかっこいい。なんて、作っているうちに増えてしまいました。

子どもたちのマスクでしたら、ちょっと工夫して小さなリボンをつけたり、ワンポイントの小さなワッペンなどつけたら、さらにオリジナル度アップ!

20分ほどもあれば完成します。楽しいですよ。

ただ、わたしはプリーツ型のマスクがちょっと苦手でした。

生地によっては、プリーツがうまく折れなかったし出来上がりもなんだかスッキリしなかったのです。

最初は、立体型マスクの方が良いのではないかと思います。

また、型紙も同じように見えても微妙に違って、仕上がりも微妙に違う気がします。

ほんとうにたくさん紹介されているので、ご自分の好きな型紙を使うことをおススメします。

アレコレ作ってみた私の感想です。

 

これを機にトートバッグなど手芸にはまってしまうかもしれませんね。(^^)/

わたしは、すでにはまりつつあります。